アレグラと皮膚のかゆみ

アレグラはアレルギー症状を解消しますアレグラは皮膚科での処方またはドラッグストアなどで市販されているものを購入して服用することで、花粉症によるアレルギー性鼻炎や蕁麻疹、発疹、皮膚の痒みなどを解消します。
ただし、対処療法となるため、原因そのものを取り除くことができず、別の方法でアレルギー症状を治療する必要があります。
アレルギーというものは特定の抗原が体内、または皮膚などに付着することで免疫系細胞が過剰反応を示し、ヒスタミンを始めとする化学伝達物質を放出するようになります。
この物質が特定の受容体に結合することで刺激を起こして様々な反応を起こすのがアレルギー症状の正体です。
アレグラは第二世代抗ヒスタミン薬として、受容体に結合しようとするヒスタミンをブロックし、さらに様々な化学伝達物質が遊離しようとするところを抑える働きを持ちます。
この作用を理解していると判断しやすいのですが、皮膚のかゆみを抑えることができるのは、花粉症などの特定の抗原によるアレルギー性のものだけとなります。
アレグラは眠気といった副作用が少なく、即効性もあるため使い勝手の良い飲み薬ですが、全ての皮膚のかゆみに対応しているわけではありません。
対応するのは花粉やハウスダスト、その他のアレルゲンとなるもので、ヒスタミンを含む化学伝達物質が放出され、受容体に結合することで引き起こされるかゆみにしか効果が発揮できないのです。
例えば指輪やネックレスといった金属製のものを装着し、汗などで分解される事で発生する金属イオンによる接触性皮膚炎は、毒性のものでアレルゲンとは異なることから、かゆみやかぶれを抑えることはほとんど無理と言えるでしょう。また、蚊に刺されたなど他の虫によるものや、乾燥によるかゆみにも効果はありません。

アレグラと薬事法

病院で処方してもらえるアレグラ花粉症の治療薬として、アレグラがあります。
従来の抗ヒスタミン剤は副作用として眠気や脱力感が伴っていたのですが、アレグラには、そういった副作用がありません。
そんな利点があって、大変に評価が高いのです。
アレグラが効くのは、鼻のアレルギー症状に対して抗ヒスタミンの働きをするからなのです。
花粉やハウスダストなどといった異物のアレルゲンが侵入してくると、そのアレルゲンに反応する抗体が人間の体内で作られます。
そして、また、同じアレルゲンが侵入してきたときに、アレルゲンと抗体が合体して、肥満細胞と呼ばれている細胞から生理活性物質が放出されてくるのです。
これが、ヒスタミンと言われているものです。
そして、放出されたヒスタミンが鼻の粘膜などのH1受容体と言われている特定部位に結びつくと、それを異物として認識し、その異物が侵入することを防御したり、やってきた異物を身体の外に放出しようとして、鼻水やくしゃみなどの症状が出てくるのです。
抗ヒスタミン薬であるアレグラを服用すると、ヒスタミンがH1受容体に結び付くのを阻害することによって、鼻水やくしゃみなどのアレルギー反応を緩やかにするのです。
なお、アレグラは病院で処方してもらえる薬ですが、市販されている一般用医薬品として、アレグラFXがあります。
アレグラ錠は、花粉症の緩和以外にも、蕁麻疹や湿疹、皮膚炎などの疾患に適用されますが、FXは花粉症の緩和のみが適用疾患とされている点が、異なっています。
このアレグラFXは、薬事法で要指導医薬品に指定されており、原則として、薬剤師による対面販売が義務付けられています。
そして、ネット販売は禁止されています。
ただし、非常にメジャーな薬ですので、薬剤師がいるドラッグストアであれば、ほとんどどこでも在庫品が置かれています。

アレグラ関係の話題一覧

  • 梨アレルギーはヨーグルトかレグラ服用で治療

    食物アレルギーが、いろんな局面で問題視されています。 特定の食品を食べると、アレルギー反応を起こすというものです。 ソバやピーナッツが有名ですが、実は、梨もアレルギーを感じる人がいるのです。 食べるとおいしい梨ですが、人によっては、舌がぴりぴりしたり、喉がかゆくなったりすることがあるのです。 梨アレルギーは、実は花粉症と深くかかわっています。 原因物質の分子構造が、花粉と梨とで共通しているからだと

  • アレグラ服用前の注意

    アレグラは花粉症によるアレルギー性鼻炎などの諸症状のために使用されている薬で、副作用が少ないことから現在では最もポピュラーな飲み薬となっています。病院処方のアレグラ錠がありますが、スイッチOTCによるアレグラFXと呼ばれる市販薬もあるので、病院に行かずとも近所のドラッグストアで入手できる手軽さがウリとなっています。アレグラの作用から抗ヒスタミン薬に分類され、花粉だけでなくハウスダストによるアレルギ