抗アレルギー薬の、アレグラとザイザルの比較

アレグラとザイザルは、どちらも抗アレルギー薬に分類される薬剤です。
アレグラは、成分名がフェキソフェナジン、ザイザルは、成分名がレボセチリジン塩酸塩と呼ばれます。
いずれの薬剤も第二世代のH1受容体拮抗薬で、抗アレルギー薬として、よく使用されている薬剤です。
効能としては、様々なアレルギー疾患、例えば湿疹や痒み、アレルギー性鼻炎などに対して使用されます。
アレグラとザイザルの比較ですが、まず、アレグラは、ザイザルよりも比較的優しい薬剤です。アレグラの特徴としては、炎症性のサイトカインが産生されるのを抑制する作用があることです。また、副作用としての、眠気や倦怠感なども、ザイザルと比較すると、少ないと言われています。また、ザイザル以外の抗アレルギー薬と比較しても、その副作用は、発現しにくいと言われています。薬剤の飲み方については、年齢や体重によって調節されますが、アレグラは、通常、1日2回服用します。また、腎機能によっても量が決められている薬剤で、透析の方は、1日1回と決められています。
一方、ザイザルについてですが、この薬剤はアレグラよりも効果が高い薬剤です。ザイザルの特徴としては、セチリジンという成分の光学異性体であり、好酸球遊走、活性化を抑制する作用を持ちます。この薬剤の、副作用の眠気、倦怠感などはアレグラと比較すると、発現しやすいと言えますが、他の抗アレルギー薬と比較した時には、その発現のしやすさは中程度であると言えます。薬剤の服用方法ですが、通常、1日1回とされています。この薬剤も、年齢や体重に応じて用量を調節するものです。また、腎機能によっても、薬剤の用量を減量して使用する必要があります。

アレグラ関係の話題一覧

  • 妊娠中にアレグラの錠剤を呑んでも大丈夫?

    日本では老若男女問わず花粉症に悩む人が大勢いますが、花粉症アレルギーの人が妊娠した場合はアレグラなどの薬の服用には注意が必要です。一般的に、妊娠中は胎児の奇形などの問題が生じるため、薬の服用は避けるべきだと言われています。ただ、市販されているような効果の優しい薬であれば問題ないという意見もあり、どうすれば良いか悩んでしまう妊婦さんも多いでしょう。特に花粉症は辛い症状が長期間続くので、できれば薬を使...

    妊娠中のアレグラ服用は医師に相談
  • 抗アレルギー薬の、アレグラとザイザルの比較

    アレグラとザイザルは、どちらも抗アレルギー薬に分類される薬剤です。 アレグラは、成分名がフェキソフェナジン、ザイザルは、成分名がレボセチリジン塩酸塩と呼ばれます。 いずれの薬剤も第二世代のH1受容体拮抗薬で、抗アレルギー薬として、よく使用されている薬剤です。 効能としては、様々なアレルギー疾患、例えば湿疹や痒み、アレルギー性鼻炎などに対して使用されます。 アレグラとザイザルの比較ですが、まず、アレ

  • 豆腐アレルギーの症状には、アレグラ?ゼスラン?

    花粉症の人には、特定の食べ物を食べると、口の中がはれたりかゆくなったりする口腔アレルギーを併発する人が増えています。リンゴやモモなどの果物は口腔アレルギーを起こしやすい食べ物として有名ですが、実は豆腐や豆乳なども要注意なのです。湯豆腐や納豆など、よく加熱したり発酵させた大豆製品ならば大丈夫でも、ほとんど加熱されていない豆乳で口腔アレルギーを起こす花粉症の人は、かなり多いのです。そして、大丈夫、と意...

    豆腐アレルギーにはアレグラ
  • 花粉症に納豆やとろろも役立つがアレグラ服用が良い

    花粉症に悩んでいる人は少なくありません。 クシャミや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど、不快な症状につきまとわれるのですから、何とか脱出したいと考えるのが普通でしょう。 よく、花粉症を和らげる食べものが、テレビやネットも紹介されることがあります。 ヨーグルトやおから、納豆やとろろなどが有名です。 納豆やとろろといった、ネバネバ系の食べものの名があがっていますが、これには科学的な根拠がしっかりとあるので

  • ハルガヤ花粉症は肉眼で表示されずアレグラで対処

    世にはさまざまなアレルギー症状があります。 ソバやピーナッツ、エビなどを食べて出てくるアレルギーや、花粉症のように、花粉が体内に侵入することによって発症するものもあります。 食べものの場合であれば、原材料表示を確認することによって摂取を避けることができますが、花粉の場合は風に乗って飛んできますので、避けることが非常に困難なのです。 花粉症といえば、スギとヒノキが反射的に思い出されるほど著名ですが、

  • 免疫反応の花粉症にはブロッコリーを食べてアレグラを

    健康管理の面から非常に注目を集めている野菜に、ブロッコリーがあります。 実は、ブロッコリーはガンや生活習慣病にも効果が期待されると言われています。 ブロッコリーには、βカロテン、イソチオシアネートが含まれていますので、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ上でも役立つものと見られています。 さらに、花粉症の予防効果まで期待できるといいますので、花粉症に困っている人には見逃せません。 そもそも、花粉症はアレルギー